« 2017年1月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月24日 (月)

本315・・静かなドン

静かなドン・・ミハイル・ショーロホフ著

41ozldtjeal_sx343_bo1204203200_
主人公グリゴーリー・メレホフの辿った悲劇を中心とし、第一次大戦前から、戦争・革命を経て、国内戦に到る動乱の時代を背景に、黒海沿岸のドン地方のコサックの生活と階級闘争の歴史を描いた長編小説。
コサックとは・・トルコ語で「自由人」を意味するが、重税や賦役を逃れて、南部の川の流域に住み着いた農奴や都会下層民が、土着民と結合し生み出された特殊な階層を指す。
彼等が次第に勢力を得てロシア南部を支配し、ツァーリ(皇帝)政府がそれを手懐けた事で親衛隊気取りとなり、小ロシア人や一般農民を蔑視し出し、排他的気風を持つコサック階級の間でも分裂は起こり対立した。
グリゴーリーは、その嵐に巻き込まれ自己の道を見失った(見出し得なかった)。思想を持たぬ人間の悲劇である。彼が革命と共に赤軍(ボリシェヴィキ)に加わった理由は、オーストリーの戦争で敵兵を初めて殺して以来の戦争否定感と、友人から吹き込まれた政府への憎悪であった。その彼が赤軍の戦線から離脱したのは、上長の傲慢さへの反感や、白軍捕虜に対する無裁判虐殺への憤り、赤軍不良分子の暴行略奪行為への不信感からである。
形勢が悪くなり、彼はいつしか人民からも白い目で見られ、破滅に向かって突き進んで行く。戦乱の中で彼の行動を決定するのは、思想ではなく感情であった。赤軍の正しさを感じはしても理解し認め得なかったため、目先の現象に反感や懐疑を覚え、思想的動揺を味わう。たとえ個々の行動が正当であっても、結果的に人民の幸福に反する重大な過ちを犯した。それは個人的な生活に於いてもそうであった。人妻との逃亡、妻の絶望からの自殺。戦線で父・兄を喪い、自然への回帰や農民としての暮らしを欲しながら、反乱軍として追われる日々。逃避行の内に人妻も喪い、郷愁に駆られ、やがて一人残された幼い息子の下へ・・

| | コメント (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年5月 »