« 本316・・人間の絆 | トップページ

2017年5月19日 (金)

本317・・月と六ペンス

月と六ペンス・・サマセット・モーム著

4102130055_2題名には象徴的な意味が有り、「月」は人間を狂気に導く芸術的情熱を、「六ペンス」は下らない世俗的因習や絆を指す。
作家である語り部が、ストリックランド夫人のパーティーに招かれ夫のチャールズと知り合う。ストリックランドはイギリスの証券会社に勤めていたが、突然行方を晦ましてしまう。夫人の依頼でパリへ向かいストリックランドに会うが、駆け落ち女性など居らず一人で貧しい生活をしていた。画を描くために生活を捨てた、と。夫人は凡庸だと思っていた夫の失踪にショックを受けるが、やがて自立して行く。
5年後、パリ暮らしの中でストリックランドに心酔する三流画家ストルーヴに再会し、共にストリックランドを訪ねる。ストルーヴは妻ブランチの反対を押し切って、重病だったストリックランドを引き取るが、アトリエも彼に惹かれた妻をも失う。ブランチは自分の愛情を受け入れてもらえず服毒自殺し、ストルーヴは故郷オランダへ帰る。
家庭を捨てた時もブランチの自殺にも後ろめたさを感じず、批判にも一切動じないストリックランド。とんでもなく風変わりで或る意味超然としている。
ストリックランドの死後、彼の絵は高値で売買される様になる。タヒチを訪れた作家は、ストリックランドと繋がりの有った人々に当時の彼について聞く。貧しさからのその日暮らしで、船員をしたり農場で働いていた事。宿屋のおかみが幼い現地妻アタを斡旋し、子供を含め奥地で暮らしていた事。医師クートラは、癩病を患い数年後に死んだストリックランドをアタと二人で葬っていた。
ロンドンに帰った作者はストリックランド夫人に再会し、彼のその後について伝える。子供達はそれぞれに真っ直ぐ成長していたが、アタとの間の息子が彼によく似て大海原で船を操る姿が目に浮かぶ。

|

« 本316・・人間の絆 | トップページ

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本316・・人間の絆 | トップページ