« 本322・・ダナエ | トップページ

2018年5月24日 (木)

本323・・八甲田山死の彷徨

八甲田山死の彷徨・・新田次郎著

2l明治三十五年。日露開戦への風雲が切迫。そのため厳寒の八甲田山中で過酷な人体実験が強いられた。別方向から二軍の部隊を競わせるように210余kを行軍させる。弘前から向かう第三十一連隊、青森からの第五連隊。第31連隊の踏破・全員生還と比べ、最悪の天候の初日に八甲田山系に入った第5連隊は、210名中199名を喪う。国民の反軍を恐れた陸軍の秘密主義に因って、長らくその遭難事件は封印された。
同じ師団でも極寒に慣れ、雪中行軍の演習経験も有った31連隊。指揮官の徳島大尉は小隊精鋭で臨んだ。ノンキャリア組の5連隊指揮官・神田大尉は、お目付役の山田少佐の意向で慌ただしく中隊を組まざるを得なく、地元の案内人も付けられず、行軍初日から少佐に指揮され結果抗えず・・
前後も見えない暴風雪の山中を彷徨する内、磁石も狂い次々と部下を喪い帰営已むなく、その途次、自身もこれまでと神田大尉は舌を噛み果てる。神田大尉の安否を尋ねた徳島大尉に、気負い過ぎた行軍計画だったと責任を負わせる5連隊上官。山田少佐は後に病院で拳銃自殺。

|

« 本322・・ダナエ | トップページ

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本322・・ダナエ | トップページ