« 本327・・芹澤準 | トップページ

2019年7月28日 (日)

本328・・MISSING

MISSING・・本多孝好著

51mxnvysel_sy346_ ∇「祈灯」・・兄である大学生の主人公は、2歳違いの活発な妹・真由子と住んでいる。真由子のある友人には「幽霊ちゃん」という仇名が有る。小学高学年の時、妹が目の前で交通事故で亡くなって以来、妹の名を名乗っているからだ。不倫する父親。母親は・・

真由子は15歳の時、子供を堕ろした。虚ろな日々の中、兄の彼女の前で兄にキスをし、別れさせてもいる。兄は妹を地元から離すため、猛勉強を始め、先に上京し部屋を用意した。兄妹で幽霊ちゃんの家に招かれた時に幼い姉妹の写真を見てから、兄は幽霊ちゃんの気持ちの裏側が見えて来た。手を引かれた妹は目が悪かった。姉には母親が通りの向こうを知らない男に寄り添って行くのが見えたが、妹には・・そして、向うにお母さんが・・と妹に囁く・・

真由子の兄は幽霊ちゃんに進言する「もういいんじゃないか」と。幽霊ちゃんは、両親に妹を忘れさせない為と、自分のした事への枷に囚われていた・・その後、偶さかの火事場に、人助けのため飛び込んで死ぬ。機会が有れば厭わない死。

高い所から夜の町を見下ろす時、人は、あの小さな灯りの中にそれぞれのささやかな暮らしが有ると考える。その後は2通りに分かれる。「そのささやかな暮らしのために祈る人と、それを呪う人と」。

∇「瑠璃」・・主人公の僕には、4歳上の従姉・ルコがいる。ルコは、自分の前に生まれる筈だった兄か姉が流れたから「流子」だと言うが、その母親が言うには瑠璃色の「瑠子」だそうだ。親族が揃って高学歴でお堅い職業の中、ルコは高校にさえ3日しか行っていない。お互いに偶にしか会わないのに、幼い頃から2人は気が合った。全てに傍若無人で風変わりなルコは、僕を翻弄するが嫌ではなかった。

月日が経ち、ルコが再び数年振りに現れた。一瞬気付かなかった。ルコは変わっていた。年上の家庭持ちの男に恋をして普通に悩んで。「ルコは今までのままでいいんじゃないか」と告げる。

その後、ルコはその男と結婚するが、1年で離婚。分別が付いて、瑞々しい感受性が損なわれて行く哀しさ・・僕がルコに最後に会ってから、1年後に彼女は歩道橋の上から飛び下りて死んだ。

半年後に僕に渡す様に手紙を頼まれた、ルコの精神科医が訪れた・・だが、今もずっと、僕はその手紙を開封していない。

 

 

|

« 本327・・芹澤準 | トップページ

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本327・・芹澤準 | トップページ