2017年11月19日 (日)

本320・・未来のイヴ

未来のイヴ・・ヴィリエ・ド・リラダン著

9784488070045アリシヤは、その肉体を「夏水仙の暖かい白さ」に被われ、議論の余地なき全く世にも珍しい完璧な美女である。「永久に朽ちざる薔薇」の如く。
だが、造物主のいかなる手違いからか、彼女の魂は現実の「汚穢」によって完全に汚染され、この美女の内部には、あの「勝利のヴィナス」の肉体とは縁もゆかりも無く、気品も知性も無い「俗物の女神」が君臨していた。
アリシヤの非の打ちどころの無い外面の魅力の虜となったイギリスの青年貴族エワルド卿は「久遠の女性」を憧憬するロマンチストであったので、この理想と現実の乖離、異種混成減少に悩まされ、終に絶望のあまり自殺まで思い立っていた。
「あの肉体からあの魂を取り除けたら」と漏らした事で、大発明王エディソンは、かつて自身を貧乏のどん底から救ってくれた恩人である青年貴族のためにその願いを引き受ける。
約束の時、アリシヤと瓜二つの人形は完成する。「恋愛の初期の時間を不動化」し、理想の「時を永久に虜にした」人形ハダリーをエワルド卿に引き合わせるが、卿にはハダリーと分からず、それと知って、地上の愛が痛烈に愚弄され凌辱された様なショックを受ける。ハダリーの感性と品性・知性に触れ、葛藤の後、エワルド卿は「科学と天才の華」である人造人間ハダリーを故郷の城に連れ帰る事にする。
その帰国の途次、ハダリーは不慮の船火事によって海底の藻屑となってしまう。
卿からエディソンへの電文には「ハダリーノコトノミ痛恨ニ耐ヘズ、タダコノ幻ノ喪ニ服セム」と。
・・・著者自身も、ブルターニュの淵源を11世紀に遡れる名門貴族の出であるが、彼自身の時代には零落しており詩人・風刺家として流謫の民であった。

| | コメント (0)

2017年10月15日 (日)

本319・・外套

外套・・ニコライ・ゴーゴリ著

Gogol_palto_2ペテルブルクに住むアカーキエヴィチは万年下級役人。浄書をする仕事振りはごく真面目だが、貧しさのあまり上っ張りと称される外套は最早修繕が利かなく、新調する他なくなる。何とか工面し新調の外套で出勤し同僚達の祝杯に参加するが、その帰り道に追剥ぎに遭い大切な外套を奪われてしまう。警察署長や有力者達に嘆願するも、相手にしてもらえないどころか叱責される始末。悲しみのあまり吹雪の街を彷徨ったアカーキエヴィチは、熱病に罹り死んでしまう。彼の死後、官吏の恰好をした幽霊が外套を探して街に現れるようになる。アカーキエヴィッチを叱責した有力者は、彼の死を聞くと後悔したが、件の幽霊に出会い恨み言を言われ外套を奪われる。それ以後幽霊は現れず。
・・誰にも愛されず、誰からも顧みられぬ、生まれながらの善人で、気が弱く、勤勉で、諦め深く、病的なほどに自分の境遇に甘んじ、仕事のために命を縮めている事にさえ気がつかない様な男に、深く同情を注いだ作品。
・・灰色の霧深い首都ペテルブルクは若い著者の青春の夢を根こそぎ破った。生活に窮し、職業的俳優になろうとするが相手にされず、自費出版した田園詩は酷評され、漸くある調査局の書記補という惨めな勤め口にありつくが、そこで卑屈な子役人や尊大な高級官吏の姿をつぶさに見て、深い幻滅を感じる。灰色の冷たい都会で生活の浅ましい種々相を見るにつけ故郷のウクライナを想ったゴーゴリ。
・・「我々は皆ゴーゴリの『外套』から出た」とのドストエフスキー言。

| | コメント (0)

2017年8月12日 (土)

本318・・椿姫

椿姫・・A・デュマ・フィス著

51qazvwjx6l_sx328_bo1204203200_ある家に纏わる物々が競売に付された。豪勢な暮らしだったが借金塗れだったとか。その女主人は若くして亡くなったそう。彼女の墓には、生前好きだった椿が枯れるのを待たず具えられている。
20歳のマルグリットは美しい高級娼婦。彼女に一目惚れしたのが24歳のアルマン。豪奢な生活に慣れたマルグリットとでは釣り合いが取れないが、熱意に押されたマルグリットはその生活を捨て彼との愛に生きようとする。
少しでも彼女の生活を助けようとするアルマンと、彼の負担になるまいとそれを望まないマルグリットは華やかな日々を退き、二人は田舎の小さな家で互いへの愛と思いやりに満ちた幸せな暮らしを始める。
その後、そんな息子の生活振りを知ったアルマンの父親が、彼女と別れるよう諭すも通じない。アルマンの留守中マルグリットはパリへ戻っていた・・彼女に会えず、以前の生活に戻った様なマルグリットを見掛けたアルマンは、別の女と関係を持ちマルグリットに嫌がらせをしたり、父親の下に帰ったり挙句には旅行に出てしまう。
彼女の肺病が重くなり明日をも知れぬ事を知ったアルマンは、彼女の下に必死で馳せ参ずるが時遅く、彼も熱病で倒れてしまう。マルグリットが残した日記を読み、あの時の別れの真相を知るアルマン。
アルマンの父親が、息子の将来とアルマンの妹である娘の婚約に触るためと称し、別れるよう影でマルグリットに通告していたのだ。
裕福な貴族の囲い者であっても、一人の女が一生涯に一度真面目な恋をし、それがために悩み、その恋ゆえに死んだのである。

| | コメント (0)

2017年5月19日 (金)

本317・・月と六ペンス

月と六ペンス・・サマセット・モーム著

4102130055_2題名には象徴的な意味が有り、「月」は人間を狂気に導く芸術的情熱を、「六ペンス」は下らない世俗的因習や絆を指す。
作家である語り部が、ストリックランド夫人のパーティーに招かれ夫のチャールズと知り合う。ストリックランドはイギリスの証券会社に勤めていたが、突然行方を晦ましてしまう。夫人の依頼でパリへ向かいストリックランドに会うが、駆け落ち女性など居らず一人で貧しい生活をしていた。画を描くために生活を捨てた、と。夫人は凡庸だと思っていた夫の失踪にショックを受けるが、やがて自立して行く。
5年後、パリ暮らしの中でストリックランドに心酔する三流画家ストルーヴに再会し、共にストリックランドを訪ねる。ストルーヴは妻ブランチの反対を押し切って、重病だったストリックランドを引き取るが、アトリエも彼に惹かれた妻をも失う。ブランチは自分の愛情を受け入れてもらえず服毒自殺し、ストルーヴは故郷オランダへ帰る。
家庭を捨てた時もブランチの自殺にも後ろめたさを感じず、批判にも一切動じないストリックランド。とんでもなく風変わりで或る意味超然としている。
ストリックランドの死後、彼の絵は高値で売買される様になる。タヒチを訪れた作家は、ストリックランドと繋がりの有った人々に当時の彼について聞く。貧しさからのその日暮らしで、船員をしたり農場で働いていた事。宿屋のおかみが幼い現地妻アタを斡旋し、子供を含め奥地で暮らしていた事。医師クートラは、癩病を患い数年後に死んだストリックランドをアタと二人で葬っていた。
ロンドンに帰った作者はストリックランド夫人に再会し、彼のその後について伝える。子供達はそれぞれに真っ直ぐ成長していたが、アタとの間の息子が彼によく似て大海原で船を操る姿が目に浮かぶ。

| | コメント (0)

2017年5月 7日 (日)

本316・・人間の絆

人間の絆・・サマセット・モーム著

41aa707aw1l_sx333_bo1204203200_モームの自伝的作品と云われる、主人公フィリップ・ケアリの半生を描く。情念という絆に縛られた奴隷的人生が、その桎梏を断ち切って、支配される側から支配する自由な人間にまで発展出来るか、の精神史。
幼い頃親を喪い、子の無い伯父である牧師に引き取られるが、蝦足である劣等感のため神学校で萎縮し、徐々に学業への意義や信仰心を失って行く。その後、伯父の薦めに逆らって神学校を中退し、ドイツに留学するも無為の生活に陥り、帰国後は会計事務所で働くが興味を持てず。親の遺産を形にパリで画の修業を始めるが才能の無さに再びロンドンに戻り、父と同じ医学の道を目指す。この頃からカフェで働いていたミルドレッドを知り、引きずられ始める。彼の友人込みで彼女に裏切られ、遺産が減る中投機に失敗し路頭に迷い、庶民の苦しみを初めて知る。追い詰められ死をも思う内に、以前患者だったアセルニー一家に救われ援けられ、伯父の死をも願いその死で遺産を手にした彼は2年振りに医学過程に戻り、30歳近くなってどうにか医者となる。
医学の勉強中知り合った献身的で誠実なノラを捨て、その後もミルドレッドが現れる度に振り回され裏切られる懲りない度し難さ。パリ時代の浮ついた生活の中、敗残の唯美派詩人のクロンショーから贈られた小さなペルシャ絨毯の意味。人生は無意味で行き死にも関係ない、人は自分の喜びのために生きるので(絨毯の模様意匠を織り出した織人も同じ)、幸福への願望(情念が作り出した幻影を虚しく追及する)を捨てる事によって最後の迷妄を振り落とせれば・・
フィリップは、医師となった暁にはスペインを訪れエル・グレコ等の作品を見、その後ものんびりと見知らぬ東洋等を旅行するのが夢だったが、アセルニーの長女サリーの現実的で牧歌的な良さに気付き、婚約する所で話は終わる。

| | コメント (0)

2017年4月24日 (月)

本315・・静かなドン

静かなドン・・ミハイル・ショーロホフ著

41ozldtjeal_sx343_bo1204203200_
主人公グリゴーリー・メレホフの辿った悲劇を中心とし、第一次大戦前から、戦争・革命を経て、国内戦に到る動乱の時代を背景に、黒海沿岸のドン地方のコサックの生活と階級闘争の歴史を描いた長編小説。
コサックとは・・トルコ語で「自由人」を意味するが、重税や賦役を逃れて、南部の川の流域に住み着いた農奴や都会下層民が、土着民と結合し生み出された特殊な階層を指す。
彼等が次第に勢力を得てロシア南部を支配し、ツァーリ(皇帝)政府がそれを手懐けた事で親衛隊気取りとなり、小ロシア人や一般農民を蔑視し出し、排他的気風を持つコサック階級の間でも分裂は起こり対立した。
グリゴーリーは、その嵐に巻き込まれ自己の道を見失った(見出し得なかった)。思想を持たぬ人間の悲劇である。彼が革命と共に赤軍(ボリシェヴィキ)に加わった理由は、オーストリーの戦争で敵兵を初めて殺して以来の戦争否定感と、友人から吹き込まれた政府への憎悪であった。その彼が赤軍の戦線から離脱したのは、上長の傲慢さへの反感や、白軍捕虜に対する無裁判虐殺への憤り、赤軍不良分子の暴行略奪行為への不信感からである。
形勢が悪くなり、彼はいつしか人民からも白い目で見られ、破滅に向かって突き進んで行く。戦乱の中で彼の行動を決定するのは、思想ではなく感情であった。赤軍の正しさを感じはしても理解し認め得なかったため、目先の現象に反感や懐疑を覚え、思想的動揺を味わう。たとえ個々の行動が正当であっても、結果的に人民の幸福に反する重大な過ちを犯した。それは個人的な生活に於いてもそうであった。人妻との逃亡、妻の絶望からの自殺。戦線で父・兄を喪い、自然への回帰や農民としての暮らしを欲しながら、反乱軍として追われる日々。逃避行の内に人妻も喪い、郷愁に駆られ、やがて一人残された幼い息子の下へ・・

| | コメント (0)

2016年11月25日 (金)

本314・・女の学校・ロベール

女の学校・ロベール・・アンドレ・ジイド著

Img_1「女の学校」・・人間の「誠実さ」を追求している。外観的には極めて中庸を得た好紳士である夫ロベールの中にある虚栄心と偽善を、時代に即してではあるが些かの仮借も無く抉り出して批判するエヴリーヌ。少女の様なままロベールの物腰の柔らかさや宗教に因った知性に憧れ結婚するも、時を待たずロベールの上辺だけの言葉や態度に気付き幻滅していく。夫の戦争時の立ち回り方(参戦からひたすら逃げ、なお叙勲)が決定的となり、自らは戦地に程近い病院の看護へと旅立ちそこで死亡。娘に日記を残して。彼女は「誠実さ」が具象化された純粋型である。
「ロベール」・・「女の学校」の続編となる。エヴリーヌの夫ロベールの、彼女の死後発表された日記(自分の許可無しに出版された)に対する、徒に長い弁明乃至は抗議である。利己心のみのロベールは彼女の心模様の変化を認めようとせず、宗教や因襲から来る夫への従属を求め続ける。一見納得のいくような彼の言葉も、結局エヴリーヌの非難を裏書きする様な結果になっている。
・・二人の間に出来た娘(ジュヌヴィエーヴ)が、両親の関係を批判したり、新しい恋愛観や結婚観を提出したりしているが、この作品(「ジュヌヴィエーヴ」という未完の告白)もまた、虚偽なもの、圧政的なもの、因襲的なものに対する反抗の書である。母は自由を願う事に留まり、娘はそれを奪い取ろうとしてる。

| | コメント (0)

2016年11月14日 (月)

本313・・ジャン・クリストフ

ジャン・クリストフ・・ロマン・ローラン著

51ryc9fs7l音楽家の血筋を引く主人公ジャン・クリストフは、ドイツのライン河畔の小都市で生誕。クリストフにはベートーベンの印象が強いと云われる。音楽と自然への目覚め、貧困と屈辱による挫折、友情と初恋の経験もし、母方の叔父ゴットフリートに支えられながら、伝統的偶像に反対し、崇高を目指す青年に成長して行く。
真っ直ぐで激情型の彼は祖国の偏狭な空気に窒息しかけ、傷害事件に巻き込まれてパリに逃れる。
だが、自由である筈の大都会パリに巣食う知識人の陳腐で卑劣な言動と衝突し、自身の理想を貫くための不器用な闘争が絶え間なく続く。不安定な時代の中で、同様の使命感を持つオリヴィエ(クリストフが故郷を去る前に知り合い、自分の振る舞いで迷惑を掛けた印象的なアントワネットの弟)と出会い共同生活をする。オリヴィエはクリストフとは違い内向きの繊細な詩人だった。
時が経ち、クリストフに誘われたデモでオリヴィエは死亡。その混乱の中で殺害事件を起こしたクリストフはスイスに逃亡。オリヴィエの死を知った彼は絶望を感じ、救われた知り合いの妻との恋愛に因り山中を彷徨し神の声を聞く。そんな時、初恋の人の従姉であるイタリア人のグラチアと再会。未亡人になっていたグラチアとは彼女の事情で清い遠距離恋愛を続け、魂の支えともなっていた彼女は数年を過ぎ死亡。
その後、クリストフの計らいでグラチアの娘とオリヴィエの息子が結婚。今や大作曲家となったクリストフは既に老い、病を得て、新しい時代を夢見ながら静かな心で独り死んで行く。
・・悩みと闘いの連続のクリストフの魂は、19世紀後半から20世紀初頭に掛けて、激動する世代を自身の恥や欠点を抱えながら生き抜いた人間の精神史であり、霊的息吹に満ちた大河の流れの様である。




| | コメント (0)

2016年10月22日 (土)

本312・・ジェーン・エア

ジェーン・エア・・シャーロット・ブロンテ著

Jane1_convert_20120529004527ジェーンは孤児となり、リード夫人(義理の伯母)と子供達から冷遇される。反骨精神は強いが美人ではないジェーン。10歳で厳しいローウッド寄宿学校に入れられるが、良い教師等とも出会い忍耐と信仰を学ぶ。後に教師となり、都合8年を過ごす。
学校生活に無聊を託ち、自分の人生に挑戦するため広告を出し、ソーンフィールド館の家庭教師となる。当主ロチェスターはいかつい容貌で、気まぐれだが思慮深く奥底に暖かさと傷心を持つ。ジェーンはロチェスターとの身分を越えた恋愛を経験し結婚を申し込まれるが、式当日になって狂人の妻の存在が判明。重婚を忌避し、翌日未明に逃亡する。
路頭に迷い、生き倒れになりかけたところを牧師セント・ジョンと妹二人に救われる。共に暮らし村の教師などをし、暫くして三人が従兄姉と分かり別の伯父の遺産を分ける。セント・ジョンに、忠実な撲としてインドへの宣教に同行するため結婚を申し込まれる。彼に恋愛感情が無い事を知り苦悩するが、嵐の晩に頭の中にロチェスターの自分を呼ぶ声を聞き、翌朝彼の下に戻るため出発。
館の焼跡を見、近くの旅館主から火災状況とロチェスターの妻の死、ロチェスターの近況(火災で盲目となり片腕も失い、別の館に隠遁)を聞き、その夜訪ねる。再会した二人は互いの愛と必要性を確認し、ひっそりと結婚。2年後、ロチェスターの片目の視力が回復し、彼は同じ黒眼を持つ息子を腕に抱擁する。

| | コメント (0)

2016年10月18日 (火)

本311・・嵐が丘

嵐が丘・・エミリー・ブロンテ著

51t1zp5tdfl1765年:キャサリン・アーンショー出生。
71年:老アーンショー、リバプールから孤児を連れ帰り、ヒースクリフと名付け嵐が丘に養う。ヒースクリフ、老アーンショー以外から疎まれるが、キャサリンとは幼馴染みに。
77年:老アーンショー死す。息子ヒンドリー、妻フランセスを連れて帰宅。秋からクリスマスに掛け、キャサリン、スラシュクロス屋敷のリントン兄妹(エドガーとイザベラ)と交際開始。
78年:ヘアトン生まれ、フランセス死す。
79年:エドガーとキャサリン婚約。ヒースクリフ失踪。
83年:80年に老リントン夫妻亡き後、エドガーとキャサリン結婚し、スラシュクロス屋敷に住む。ヒースクリフ突然戻り、嵐が丘に住む。
84年:ヒースクリフ度々スラシュクロス屋敷を訪れ、イザベラを誘惑し逃亡して結婚。キャサリン脳を病む。ヒースクリフ夫妻戻り、嵐が丘に住む。キャサリン、キャシーを生み死亡。キャサリン埋葬され、ヒースクリフ墓を発く。イザベラ逃亡し、その後リントンを産む。ヒンドリー死し、ヒースクリフ嵐が丘の主人となる。
97年:イザベラ死し、リントンはエドガーに引き取られるが、その後嵐が丘へ。
1800年:キャシーが嵐が丘でリントンと再会。エドガーと家政婦(語り部)ネリー病み、キャシーとリントン親しむ。
01年:キャシー、嵐が丘で強制的にリントンと結婚させられる。エドガー死し、ヒースクリフ再びキャサリンの墓を発く。リントン死し、ヒースクリフ嵐が丘とスラシュクロス屋敷を相続。
02年:スラシュクロス屋敷を借りていたロックウッド、キャサリンの幽霊を見て去ったが、その後戻り、ネリーからヒースクリフの死の顛末を聞く(ヒースクリフ4日間断食後、不眠のまま死す)。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ひとり言 | 映画 | | 機織り | 絵画 | 調理 | 音楽